パリの街角の魅力

あなたも気分はパリジェンヌに。
シンプルだけど洗練されていてお洒落なパリジェンヌ。
世界中を魅了する女性たちが生活するその街には、行き交う女性のファッションや建ち並ぶカフェなど、あらゆるところに、さりげないのに素敵なライフスタイルがにじみ出ています。そんなパリの街はカメラのレンズを通して見ると、また違った趣き。思わずパシャりと写真に収めたくなるフォトジェニックなパリの撮影ポイントをプロのカメラマンとともに巡るパリの現地ツアーをご紹介します。卒業旅行の思い出や知人友人との旅行におすすめです。

プロ級の撮影テクニックで
SNS・インスタ映え

エッフェル塔などの定番スポットでのSNSアップ用の撮影でも、訪れるべきベストタイミングや、カメラの広角や明るさのコントロール、ピント、フレーミング…素敵な写真を撮るコツを知っているのと知らないのでは大違い。ご紹介するツアーでは、カメラは一眼レフ、デジカメ、スマホなど、撮影の機能が付いていれば何でもOKな気軽なツアーです。

パリ在住のカメラマンだからこそ知る美しいフォトスポットを一緒に巡りながら、最高の1枚が撮れるテクニックを教えてもらえます。地元の人の憩いのカフェ、美しい建築のパッサージュ、石畳の小さな小道など、パリの魅力をそのまま写真に収めてみませんか。

歴史ある美しい建築が集まる南マレ地区

パリは20区から形成。その区分けは「エスカルゴ」によく例えられます。そんなパリの3~4区がマレ地区。そのマレの南側には歴史的な古い建築も多く、歩いてるだけで楽しくなります。

パリで2番目に古い橋であるマリー橋や可愛らしいショップのディスプレイ。小道が素敵なサン・ルイ島、ノートルダム大聖堂裏に静かに流れるセーヌ河畔...「カメラのプロと行く!パリ・わき道半日ウォーキング ~南マレ地区散策コース~」ではそんな南マレの名所をカメラ片手に巡ります。

パリのトレンド発信地!北マレ地区

北マレ地区はパリで最大のトレンド発信地。アンティーク専門店が集まるヴィラージュ・サンポールやパリで最古の広場と云われるヴォージュ広場など、古い町並みが残るお洒落なエリアです。

ファッションのブティックだけではなく、カフェやレストラン、スイーツ店や雑貨屋など、個性的で幅広いジャンルのお店が建ち並び、ついつい立ち止まってはカメラを構えたくなります。

ツアープラン

Cheap air ticket Sky Ticket that can go to all over the world!

日本~パリ(シャルル・ド・ゴール)空港までのアクセス方法

日本からパリへ飛行機で行くには、直行便でも乗り継いで行く事も可能です。旅行のスケジュールに最適なフライトを選んで決めるのが良いでしょう。
乗り継ぎで行く場合は、ヨーロッパの主要空港やアジアの空港からなど多方面から就航しております。また、偏西風の影響もあり、パリから帰ってくる時の方が早く日本へ到着します。

パリ(シャルル・ド・ゴール)空港~市内までのアクセス方法

空港から市内までの距離は約26kmほどです。
大きく分けて3種類のアクセス方法があります。

【1】電車
「パリ高速鉄道(RER)」
空港と市内を繋ぐ在来線です。早朝や夜間に乗車する場合は治安が良いとは言えないためご用心ください。
ターミナル2のホールC、DとFの間にあるRER線Bの乗り場より10~20分間隔で運行しており、サン・ミシェル駅まで行くことが出来ます。
乗車券は乗り場近くの券売機で購入可能です。
サン・ミシェル駅までは約30分。料金は€10です。

【2】バス
「ル・ビュス・ディレクト」
空港と市内中心部を繋ぐシャトルバスです。
ターミナル2E、2FのE8番出口もしくはF9番出口外より、以下行き先のシャトルバスが30分間隔で発着しています。
乗車券は乗車時に購入可能で、料金は€17です。
【ライン2:エッフェル塔行き】ターミナル 1、ポルト・マイヨ、凱旋門、トロカデロ、エッフェル塔に停車
【ライン4:モンパルナス駅行き】ターミナル 1、リヨン駅、モンパルナス駅に停車

【3】タクシー
エリアごとの定額制が一般的です。各ターミナル到着階の手荷物引取所近くの出口を出たところにタクシー乗り場があります。
市内中心部までは約50分。料金目安は€50~€55で荷物の重さが5kg以上ある場合には追加で料金かかります。

Copyright© ADVENTURE inc.